一時期の精神安定剤

私は、以前、恋愛占いにハマっていました。理由は、今、考えると、誰かに話を聞いておいてもらいたかったのだと思います。
恋愛の話は、友人にある程度は話しても、頻度が多すぎると嫌がられるからです。
逆の立場で考えると、私もいつも恋愛の話ばかりは聞きたくないと考えるからです。
占いの先生には、自分の恋愛の悩みや、思いますいる事を全て話していました。
それにより、悩みが減ったり、話したことによりスッキリしたりと、私には当時、恋愛占いが必要でした。
そのため、私は、占いに通う女性の気持ちが分かります。
お金を使ってでも、悩みを聞いてもらいたいのです。
占いに行く時は、恋愛の事しか相談しませんでした。何故なら、相手の気持ちを知りたくて行くのですから。
私の通っていた占いの先生は、いつも丁寧に話を聞き、アドバイスをしてくれる先生でした。
それは、占い的な要素も合わせて話を聞き、アドバイスをしてくれるため、かなり的確で、私は、当時は、かなり先生には、頼りきっていました。
しかし、頼り過ぎも良くない、と考え、そこから占いを絶つ効果にしました。
人生は自分の力で切り開くものだ、と考えたためです。
しかし、当時は、かなり占いの先生に頼り、信頼していました。
自分自身の精神安定剤的なつもりで通っていました。
私は、占いに頼る事は悪くないと思うのです。頻度が高くなりすぎなければ。
それにより、気持ちに余裕が出たり、話す事によりスッキリできるのであれば、恋愛占いにはまる事も、時には必要だと考えています。